いつだってAll forロッテのブログ

プロ野球大好きです。いろんな球場に足を運んでは野球から生きる力をもらってます。今シーズンはできるだけ無料配布のユニフォームを集めていきたいと思います。

ヤクルト ユニフォーム配布『TOKYO 燕プロジェクト』7月26日 神宮球場 ヤクルトvs中日 〜配布ユニの旅 第7弾

7月26日、試合は曇り空の下行われた…

 

ヤクルト対中日、5位6位と両チーム共になかなか苦しいシーズンをおくっている中でのこのカード

 

私自身、どちらのファンでもないので正直、試合内容には期待していなかった…

 

試合が始まるまでは…

 

f:id:hirokitajima1192:20170727175728j:image

 

本日はTOKYO燕プロジェクトと呼ばれるヤクルトが毎年行っているイベントの日である

 

来場者に燕パワーユニフォームと呼ばれる緑を基調としたデザインのユニフォームが配布される

 

平日開催にも関わらずチケットは早くから売れており、私自身三塁側しか取ることができないような状況であった

 

f:id:hirokitajima1192:20170727181348j:image

この日は雨が降ったり止んだりの繰り返しであり球場に着いた時もとても不安定な天候であった

 

球場に着きゲートでユニフォームを受け取る

 

既に他球団のユニ配布デーに数回足を運んでいるが、燕パワーユニはなかなかしっかりとしたつくりでとても満足だった

 

そして三塁側の内野指定席に座る 

 

f:id:hirokitajima1192:20170727180748j:image

 

神宮球場はあまり座席数が多くなく、階層も高く設けられていないのでグランドに近い席で観戦できる印象

 

かなり中日の外野席付近であったので、ところどころに中日ファンの方々がいた

 

心配された天候もなんとか持ちこたえて、曇り空の中プレイボール!

 

ヤクルト星、中日大野の先輩でスタート

 

ワンサイドゲームにはならないで欲しいという思いで観ていたが、その思いむなしく序盤から中日が大量リード…

 

星は味方の守備による不運な失点などもあり、5回まで投げて10失点

 

スコアは10-0

 

ヤクルトは先輩大野を攻略する糸口がまったく見つからない状況

 

そんな中、5回終了時の花火が上がる

 

f:id:hirokitajima1192:20170727182050p:image

 

とても、きれいでした。

 

試合は面白くないけど花火見れたからいいか!という空気がヤクルトファンから伝わってくる

 

なんとか1点は返したいなー

 

っと思ったら7回、代打の中村がレフトスタンドへツーランホームラン!

 

ようやくヤクルトファンも盛り上がってきた

 

東京音頭が鳴り響く

 

まぁこれで来てよかったと思ってくれたら幸いかなー

 

っと思ったら8回、バレンティンのツーランホームラン!

 

滞空時間の長いホームランだったが、さすがのパワーだった

 

次の打者に四球を出し大野は交代

 

勝ちはつくけど、なんかもったいないマウンドになったなぁーという印象

 

大野もそう思ったであろう…

 

しかし、ここから怒涛の攻撃が始まる

 

ヤクルト打線に火がつき連打連打で気付けば2点差 

 

中日は福谷や岩瀬を投入するも流れを断ち切れない

 

又吉をマウンドにおくり、2アウト満塁で打席には山田哲人が立つ

 

この日1番の山田哲人コール

 

初球だった…

 

打球は三遊間を鋭く抜けていき、ランナー2人が生還

 

10-10の同点

 

球場は総立ち、すごい盛り上がりだった

 

f:id:hirokitajima1192:20170727184558j:image

 

その後は両チーム共に粘り試合は延長戦へ

 

迎えた延長10回裏、打席にはロッテから加入した大松が向かう

 

ロッテファンの私からすればとてもうれしく、大松コールを叫ぶ

 

このタイミングで雨が強くなってきた

 

中日、伊藤が投じた初球、鋭く振り抜いた打球は右中間スタンドへ

 

なんと、サヨナラホームラン

 

劇的な幕切れ

 

この一番の大歓声

 

新天地で躍動するベテランがダイヤモンドを一周する姿は感慨深いものであった

 

f:id:hirokitajima1192:20170727184002j:image

 

10点差をひっくり返す奇跡的な逆転勝利をおさめたスワローズ、ここから這い上がってもらいたい

 

試合内容に気を取られ、忘れかけていたが満員のスタンドが緑色に染まった光景は降りしきる雨の中でも、とても輝いてみえた

 

野球はなにが起こるかわからない

 

改めて野球の面白さや怖さに気付かされる日となった

 

f:id:hirokitajima1192:20170727184615j:image

 

試合内容はもちろん、選手がプロデュースした飲み物や試合演出など、とても満足できる1日となった

 

ここから8月にかけて、各地でユニフォームを配布するイベントが開催されるがとても楽しみである

 

f:id:hirokitajima1192:20170727185058j:image